中村・澤村法律事務所

Procedure Flow

以下は澤村康治弁護士が事件処理する場合の、一般的なお手続きの流れです。

STEP1
お電話又はお問い合わせフォームにて、法律相談のご予約

まずはお電話又はお問い合わせフォームにて、法律相談をご予約下さい。
お電話でのご予約の際は「事務所のホームページを見て連絡した。」旨をお伝え下さい。
ご相談の概要等を伺い、法律相談の日時を調整致します。

  • Tel.0178-22-1718 受付時間 平日 10:00~17:00
    留守番電話になっている場合は、メッセージをお入れ下さい。
    なお、お問い合わせフォームによるご連絡は
    24時間365日受け付けております。
  • お問い合わせフォーム
STEP2
法律相談の実施

担当弁護士が相談者様から詳しくお話を伺い、法的助言や事件の見通し等のご説明を行います。
事件に関係すると思われる資料等がございましたら、可能な限りご持参下さい。
法律相談の際に、相談者様から担当弁護士に対し事件処理を委任したい旨のご希望があり、担当弁護士がこれを受任可能と判断した場合には、後日、担当弁護士において受任範囲・弁護士費用その他の契約内容を明記した委任契約書案(見積書の趣旨も含まれます。)を作成し、その次の法律相談において当該委任契約書案の読み合わせを行います(あくまでも委任契約書「案」ですので、その場で必ず契約締結して頂かなくても大丈夫ですし、持ち帰ってご検討頂いても大丈夫です。)。

相談料 有料30分:5,000円(消費税別)
STEP3
委任契約締結のお手続き

上記STEP2の委任契約書案の読み合わせを経て契約内容につき双方合意に至った場合には、正式な委任契約書として仕上げたうえで双方記名押印により委任契約書を取り交わし、正式に委任契約締結となります。
遠方の依頼者様等には、郵送でのお手続きも対応しております。

STEP4
着手金・実費等の弁護士費用のお支払い、事件処理の着手

委任契約の契約内容に応じて依頼者様から着手金・実費等の弁護士費用をお支払い頂きますと、担当弁護士が事件処理に着手致します。

STEP5
訴訟・調停・交渉等の事件処理の遂行

担当弁護士は依頼者様とメール・電話・面談等により適時適切に打ち合わせを行いながら、訴訟・調停・交渉等の事件処理を進めて参ります。

STEP6
事件処理の終了

事件処理が終了した際には、報酬金(成功報酬)・実費等の弁護士費用の精算を行います。
また、お預りした書類等のご返却を行います。

弁護士費用

弁護士費用は旧日弁連報酬基準や以下の「市民のための弁護士報酬ガイド」「中小企業のための弁護士報酬の目安」等を参考にしつつ、事件の難易度や見通しその他一切の事情を考慮して、担当弁護士が事件ごとにオーダーメイドで定めます。
弁護士費用の見積りをご希望の場合は、法律相談の際に担当弁護士にお伝え下さい。